Under His Wings / Hymn

『御翼のもとに / 新聖歌256』

Text: William O. Cushing (1823-1902), Tune: Ira D. Sankey (1840-1908)

Scripture: Ruth 2:12, Psalm 17:8, 91:4, Matthew 23:37

<1> Under His wings, I am safely abiding.

神の翼のもとで 私は永遠の平安を得る

Though the night deepens and tempest are wild,

夜はより深くなり 嵐が荒々しくなっても

Still I can trust Him; I know He will keep me.

なお神を信頼する 私を守ってくださるから 

He has redeemed me, and I am His child.

神は私を贖い出され 私は神の子とされた

<chorus>

Under His wings, under His wings,

神の翼のもとで

Who from His love can sever?

誰が神の愛から引き裂くことができるだろう?

Under His wings my soul shall abide,

神の翼のもとで 私の魂は留まろう

Safely abide forever.

永遠に平安のうちに

<2> Under His wings, what a refuge in sorrow!

神の翼のもとは 悲しみにあって避け所!

How the heart yearningly turns to His rest!

いかに心は 神の憩いへ立ち返ることを望んでいることか!

Often when earth has no balm for my healing,

しばしばこの地には 私を癒す香油もない 

There I find comfort, and there I am blest.

神の翼のもとに 安らぎと祝福を得た

<3> Under His wings, oh, what precious enjoyment!

神の翼のもと なんと尊き歓喜があることか!

There will I hide till life’s trials are o’er;

私は身を隠そう 人生の試練が終えるまで

Sheltered, protected, no evil can harm me.

避け所 守り所 私を傷つける悪はいない 

Resting in Jesus, I’m safe evermore

イエスの内に憩い 永遠に平安を得る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です